生活習慣

日々の生活の中には毛髪へ悪影響を及ぼす行いが潜んでいます。
なぜ、悪いのか正しく把握して理解しましょう。

栄養不足

健康な毛髪を育てるには十分な栄養が必要になることは当然の事です。
毛髪に成長に必要なタンパク質は摂取する事を心掛けましょう。

魚や大豆は低脂肪で良質なタンパク質を摂取するのに最適です。特に大豆は、コレステロールを分解し血管がきれいになりますので血行促進に繋がります。

運動不足

社会人になると運動不足になる人が増えます。
運動は、体内へ多くの酸素を取り入れ血行を促進する効果があります。
頭皮への血流不足は、毛髪を成長させるための栄養が不足する事態を招きます。

睡眠不足

成長ホルモンは、毛髪を成長を促進させる働きがありますが、
午後10時~午前2時の間に大量に分泌されます。
この時間帯に熟睡していない場合は、毛髪の成長の妨げになります。

ストレス

自律神経のバランスが崩れ毛髪へ影響を及ぼします。
直接的な原因は、
血行不良・毛髪成分の吸収を阻害・男性ホルモン(ジヒドロテストロン)の
過剰分泌が考えられます。

過度の飲酒

適量の飲酒は、血行が促進されますので
それほど頭皮に悪い影響を与えるとは言えません。

毛髪の成分である良質なタンパク質を生成するには
アミノ酸が必要不可欠です。

アルコール成分を分解するにはこのアミノ酸を必要としますので、
過度の飲酒を避ける必要があります。

喫煙

タバコに含まれるニコチンやタールは血管を収縮させ血行不良に陥ります。
毛母細胞の働きを弱めることもわかっています。

そのほかに含まれる一酸化炭素は、
血中の酸素濃度を低下させますので頭皮へ十分な酸素が届かなくなります。

CATEGORY TOP|薄毛原因&育毛対策

当サイトをソーシャルメディアで共有する事ができますよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加