薄毛の遺伝

薄毛の遺伝に対する考え方は様々です。
遺伝を信じたい人も信じたくない人もご一読ください。

薄毛になりやすい体質が遺伝するのでは

男性型脱毛症(AGA)では、
遺伝的な要素が大いに関わっているということが言われています。

また、母親の遺伝を受ける傾向が強いということも良く聞きます。
いずれも100%薄毛になるというものではなく、
薄毛になりやすい体質が遺伝すると考えたほうが良いでしょう。

薄毛体質が遺伝したとしても、
生活環境や食生活でいくらでも薄毛を回避することはでき、
必ずしも薄毛にならないというのが有力ではないでしょうか。

薄毛遺伝説が強く根付いた理由

これだけ薄毛が遺伝すると信じられてきたのはなぜでしょうか。
少なくとも近親者の関係で遺伝と思いたくなる事実があったのでしょう。

これは、諸説ありますが「生活習慣の一致」として説明がつきます。

近親者同士では、同じ生活習慣を送っている可能性が高くなります。
両親・祖父母が生活習慣が原因で薄毛になっている場合、
それと同じ環境で息子や孫もくらしている訳で、
そのように考えれば薄毛になってもおかしくないですよね。

遺伝子検査

薄毛の遺伝は別にして遺伝子を検査して薄毛になりやすい体質かどうかを
確認することができます。

医療機関では20,000円程かかりますが、
女性専用の検査キットを利用すれば10,000円ちょっとで自己検査できます。
気になる方は、遺伝子検査を検討してみてください。

CATEGORY TOP|薄毛原因&育毛対策

当サイトをソーシャルメディアで共有する事ができますよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加