ホルモンバランスの影響

ホルモンは、抜け毛の最大の原因と言われるほど重要なキーワードです。
男性ホルモンが抜け毛を進行させるというのは有名ですが、
女性薄毛も男性ホルモンが関わっています。

ホルモンって何?

難しい言葉では生理活性物質と言われ、
血液に乗って体内を循環し特定器官で働きを調節する情報伝達物質です。
ホルモンには様々な種類がありますが、
抜け毛に関係するのは男性ホルモンと女性ホルモンの2種類です。

男性ホルモンと薄毛の因果関係

骨格・声帯など男らしさを強調させるのが男性ホルモンです。
男性ホルモン「テストステロン」が「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素と結合して、
新たな男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を生成します。

この男性ホルモンが抜け毛を促進させると言われています。
毛母細胞の働きを抑制する働きがあることがわかっています。
男性と比較して分泌量は少ないですが、女性の体内にも男性ホルモンが含まれます。

女性ホルモンの維持が抜け毛を減らすポイント

女性らしさを強調させる働きがある女性ホルモンは、
男性ホルモンに比べ種類が少なく
「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類です。

女性の一生を通してスプーン一杯分程度しか分泌されない女性ホルモンは
少量で強い効果があることが知られていますが、
この女性ホルモンには毛髪の減少を抑える効果があります。

とすれば、女性ホルモンを減らすことなく維持することが
薄毛対策にとって重要であると言えます。

CATEGORY TOP|薄毛原因&育毛対策

当サイトをソーシャルメディアで共有する事ができますよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加