女性に多い原因

女性であるが故の原因を理解して意識することは、
薄毛・抜け毛の緩和に繋がります。
少しでも症状を和らげられるようにしましょう。

出産

分娩後脱毛症と呼びます。
出産前後のホルモン分泌の違いが引き起こします。

年齡の違いにより個人差はありますが、
産後1年ぐらいで回復に向かうケースがほとんどですので、
治療の必要はありません。

冷え症

冷え症は、自律神経失調症のひとつの症状と考えられています。
自立神経の乱れから血管が収縮し血液の循環が悪くなります。

さらにホルモン分泌の乱れなど体全身へ悪影響が連鎖します。
薄毛・抜け毛への影響も例外ではありません。

更年期障害

更年期の症状で女性ホルモンの分泌量が減少します。
体内中に女性ホルモンよりも男性ホルモンの相対比率が多くなることにより、
男性型脱毛症(AGA)と似た症状が現れます。

特徴は、男性は局所的に薄毛が進行するのに対し、
女性は頭髪全体に薄毛が進行します。
女性の場合、禿頭まで進行することは稀です。

生理不順

生理不順はホルモンバランスに異常をきたしている合図と考えられます。
ホルモンの乱れが引き起こす、
女性ホルモン不足や血行障害が毛髪に与える直接的な原因です。

ピルの服用

ピルは、体内のホルモンバランスを操作する薬品ですので、
ホルモンバランスが崩れる原因となり抜け毛へ繋がります。
特に長期服用後、
服用を止めた場合、ホルモンバランスに影響が出やすいようです。

CATEGORY TOP|薄毛原因&育毛対策

当サイトをソーシャルメディアで共有する事ができますよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加