抜け毛の種類

抜け毛は誰にでもある現象です。
健康な毛髪・頭皮でもヘアサイクルを終えた毛髪は
自然と抜ける仕組みになっています。

ただし、抜け毛の中に短毛が混ざっていたり、
急激に抜け毛の量が増えている場合は、
頭皮が異常事態に陥っている可能性があります。

自然脱毛

自然脱毛とは、毛髪寿命を終えた正常な脱毛のことを指します。
自然現象なので心配する必要はありません。

毛髪は成長し続けるのではなく、
一定のヘアサイクルを終了すると抜け落ち生え変わります。
世代交代を繰り返し、同じ毛根から何度も発毛します。

自然脱毛のは1日で100本程度抜けることもあり、
年間を通しての脱毛の総量は変わりません。
春、秋の抜け毛シーズンでは、200本程抜けることもあります。

異常脱毛

自然脱毛とは異なり、何らかの原因によりヘアサイクルの途中で脱毛します。
毛髪の成長途中で脱毛した場合は、生え変わりに時間がかかります。

これが繰り返される事で発毛しなくなり薄毛の状態になってしまうのです。
ヘアサイクルの周期が短くなりますので必然的に脱毛量が多くなります。

また、成長途中の抜け毛は先端が細くなっています。
これらの場合は異常脱毛の可能性があります。

異常脱毛の原因は様々ですが、
生活習慣を見直すことで脱毛を改善できるケースもあります。

脱毛の危険信号

次のような症状が発生している場合は、異常脱毛の兆候と考え対策しましょう。

  • フケが異常に増えた
    フケが脱毛の直接的な原因ではありません。
    ホルモンバランスの影響や生活習慣の乱れや疲労、
    不適切なヘアケアが原因でフケが大量に発生する場合があります。
    これらは脱毛の原因と一致する点がありますので
    異常脱毛の恐れがあると考えられます。
  • 頭皮が張っているように感じる
    血行不良で頭皮が固くなります。これは毛髪の成長を妨げている状態ですので異常脱毛が発症する可能性があります。

CATEGORY TOP|薄毛原因&育毛対策

当サイトをソーシャルメディアで共有する事ができますよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加