女性に多い脱毛症状

女性特有の脱毛症があります。
女性ホルモンの減少や産後のホルモンバランスの乱れ、
女性の髪型といったところが原因となっています。

分娩後脱毛症

妊娠中は女性ホルモンの分泌量が多くなる為、
ヘアサイクルの周期が長くなります。
出産後は分泌量が元に戻る為、一時的に脱毛量が増加します。

対策
出産後、半年から1年位内に回復しますので治療は必要ありません。
高齢出産の場合が回復が送れる場合があります。

女性男性型脱毛症(Female AGA, FAGA)

ストレスや加齢など原因が広範囲に渡ります。
女性の薄毛の原因で最も多いと言われており、
年々発症する女性が増加しています。

特徴としては男性のように特定部分が薄くなる症状とは異なり、
広範囲で抜け毛が進行し薄毛になる症状です。

対策
専門家に相談する事をお勧めします。
ストレス解消や生活習慣の改善で進行を抑えられる場合があります。

牽引性(けんいんせい)脱毛症

毛髪を引っ張る状態が継続することが原因の脱毛症です。
ポニーテールやヘアアップなどで頭皮の血行が悪くなり
栄養が不足して発症します。

対策
ヘアスタイルを変えるなど頭皮に負担を与えないようにしてください。
頭皮をマッサージして血行促進することで回復が見込めます。
症状が深刻な場合は専門家にご相談ください。

抜毛症(トリコチロマニア:禿頭病)

正常な毛髪を抜いてしまう精神疾患です。
思春期の女性に多いと言われていますが成人女性も発症します。
過度の精神ストレスが原因で内向的な性格に多いとされています。

対策
頭皮に異常がある訳ではありませんので時間が経過すれば発毛します。
就寝中に抜いてしまう場合は、
すべる手袋を付けるなど工夫して抜けないようにください。

CATEGORY TOP|薄毛原因&育毛対策

当サイトをソーシャルメディアで共有する事ができますよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加