正しく洗髪を行う

洗髪のやり方次第で毛髪の成長に影響します。
悪い洗髪は、フケ・かゆみ・頭皮炎症の原因になりますので
適切な方法で洗髪してください。

シャンプーは毛髪の成長を助けます。

皮脂の汚れが招く毛穴の目詰りを防ぎますので
毛髪の成長に最適な環境を作ることができます。

また、育毛剤の浸透も促進されます。

最も毛髪が成長するのは夜間帯ですので、
シャンプーは夜に行うことが望ましいと言えます。

皮脂は頭皮を保湿する役割がありますので、
1日に何度もシャンプーをして皮脂を取り過ぎないように注意してください。

正しいシャンプーの方法、「すすぎ」も重要。

  • シャンプー前に予洗いする
    シャワーを掛けながら毛髪・頭皮に付着した汚れを落とします。熱すぎるお湯は避け、38~40度程度のお湯を使い、マッサージも兼ねて丁寧に洗髪してください。
  • シャンプーを付けて洗髪する
    シャンプーは頭皮に直接かけないでください。まずは、毛髪に付着している整髪料などをきれいに洗います。その後、小さな円を書くように指の腹で頭皮を洗います。爪を立てないように洗髪するのは周知の事実ですが、指の腹を利用しても頭皮を擦りつけ過ぎるような洗い方はNGです。優しく隅々まで洗髪することを心掛けてください。
  • すすぎ
    お湯の温度に注意しながら、シャンプーをすすぎます。お湯を掛けるだけではシャンプーはすすげません。毛髪に指を通しながら毛髪と頭皮をしっかりすすいでください。この過程を怠ると洗髪効果が半減します。

長髪の方や皮脂が気になる方はシャンプーの量を少なくしてもう一度洗髪しても良いでしょう。その際もしっかりすすぎを行なってください。

薄毛対策にリンスは必要なのか。

薄毛で毛髪が少ないのにリンスはいらないという意見がありますが、
リンスは毛髪を保護し、健康な髪を維持するために必要です。

しかし、リンスは頭皮にとってシャンプーより刺激が強いものです。
頭皮にできるだけ付着しないように毛髪に付けるように心掛けてください。
シャンプーと同様に洗い残しが無いようにしっかりすすぎましょう。

洗髪後は、必ず乾かしてください。

濡れている状態は、毛髪・頭皮に最適ではありません。

  • タオルドライ
    ある程度の水分を取ります。力任せにごしごしと拭くことは避けてください。頭皮・毛髪ともに摩擦力が伝わることは良くありません。
  • ドライヤーで乾かす
    毛髪に近づけすぎると傷みの原因になります。また、乾燥し過ぎも禁物です。最終、自然乾燥させる為、ドライヤーでは8割程度を乾燥させてください。

CATEGORY TOP|薄毛原因&育毛対策

当サイトをソーシャルメディアで共有する事ができますよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加