ミノキシジルに注目されている方へ

このサイトを見ている方のほとんどは薄毛や抜け毛に悩んでおられる方だと思います。色々なサイトで情報を収集しミノキシジルという育毛成分を知った方が多いのではないでしょうか。

ミノキシジルという成分はかなりの率で育毛効果を期待できる成分として知られています。もともと高血圧患者の為に血管拡張剤として開発されたもの。しかしミノキシジルには脱毛症を回復する効果がある事が後に発見。外用薬・ロゲインとして発売されたのが最初です。ほか、内服薬・ロテニンがあります。

ロゲイン:ミノキシジル成分の外用薬(大正製薬のリアップレディー)
ロテニン:ミノキシジル成分の内服薬(国内未認可・個人輸入)

血管が拡張するため、血流が促進。髪の成長に密接に関係する頭皮中にある毛母細胞の活動が促進されます。薄毛対策に血行促進を提唱してますよね。血流促進、毛母細胞活性化、毛が生えるみたいなイメージです。

同じように薄毛治療薬として知られているフェナステリドと併用する事で更に育毛効果を期待できると言われています。これは得られる効果・作用がそれぞれ異なるため、互いの効果を阻害する事なく髪の成長に作用するためです。

しかし、

薄毛に悩んでいる方にとっては喉から手が出る程、試してみたい成分だと思いますが、良いことばかりではないようです。注意するべき点、知っておくべきリスクがあります。

血管拡張するという事は血圧を低下させるという事になります。それに伴い低血圧になったり、心臓への影響も考えられます。ミノキシジル利用者には、実際、循環器系の副作用をうったえる人もいるためホイホイと喜んですぐに手を出すべきものではないようです。

内服薬のロテニンに至っては国内未認可の薬品です。外用薬のロゲインよりも薬理作用を得られるものですが、得られる効果が大きいだけに副作用の心配も大きくなります。個人輸入で利用するのは止めるべきだと思います。理由を聞けば頷けますよね。

ミノキシジルで得られる効果は絶大だと言われています。国の認可が降りている商品にまで否定はしませんが、リスクを知り納得した上で利用する事が大事ではないかと思います。

ウィキペディアにミノキシジルの副作用について記されていましたので参考にしていただければと思います。

脱毛に対抗する薬なので、最も一般的な副作用は頭皮の痒みである。ミノキシジルやロゲインなどの外用薬に含まれる基剤成分・プロピレングリコールに対するアレルギー反応がしばしば見られる。多量のミノキシジルは低血圧の原因となる可能性がある。日焼けした頭皮に使用する場合に見られがちであるが、ワセリンやトレチノインと併用すると薬剤の過剰な吸収が起こりえることが知られている。
ミノキシジルの使用中は脱毛を止められるが、使用をやめると再び起こり始める。また、成分が母乳中に移行するため、リアップシリーズでは授乳する乳児がいる場合での使用は禁忌である。
あまり一般的ではないが、他の副作用には以下のようなものがある(リアップの添付文書には具体的な症例を提示しつつ異変を感じたら薬剤師・医師に相談するよう促す文章となっている。)。

  • 薬液の使用箇所におけるニキビの発生
  • 頭痛、意識朦朧
  • 多毛症
  • 性的不能
  • 重い低血圧
  • 不整脈、動悸
  • 皮膚の紅潮
  • 霞み目
  • 手、足、顔のしびれや痛み
  • 性欲減退
  • 胸の痛み
  • 急速な体重増加
  • 下肢、手、足、顔のむくみ

ニキビを除き、上記の症状は薬剤の使いすぎの目安になるとされるが、そうでなくても発症する可能性は有るので発症した場合は即ちに医師の診断を受ける事が強く薦められる。

重篤な副作用

ロゲインの開発段階で3名、市販化されたリアップの使用中に3名(1999年末の時点)が薬品との因果関係は不明としながらも循環器疾患で死亡しており、後者に関しては2003年に長妻昭衆議院議員が質問主意書を提出し、同年9月に政府・厚生労働省からの答弁書で明らかになるまで販売元の大正製薬は公表しなかった。さらに1999年の発売当初から2003年までに循環器系の副作用が500例寄せられている事も同答弁書で明らかにされた。
ロゲインの副作用で死者が出た事はリアップ発売前からワイドショーやスポーツ紙を中心に報道されていた為、「いきなり誰でも買えるOTC(大衆薬)で発売するのは危険」とする医師・薬剤師・業界関係者などの識者も多く、購入時に「薬剤師」へ相談する必要があるにも関わらず大正製薬への服用相談も多く寄せられた、大正製薬はニュースリリースを発表[4]すると共に、購入時の既往症などのチェックを強化するよう販売店に指導した。これは2009年の改正薬事法施行により第一類医薬品に指定されたため、法規制が強化された。

出典元:wikipedia(2013年11月14日現在)

当サイトで紹介している育毛剤はロゲインやロテインのようや医薬品ではなく、医薬部外品を紹介しています。ですので副作用の心配はありません。

新しい化粧品や化粧水を使ったときに肌に合わないというレベルの事はもちろんあると思いますが、国の認可を得た安心できる商品ですので、安心して選択していただける育毛剤ではないかと思います。

当サイトをソーシャルメディアで共有する事ができますよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加