女性用育毛剤はなぜ売れる?

お風呂で排水口に溜まった髪の毛を見て驚いた事はありませんか。女性は、出産後や更年期にホルモンバランスが崩れ脱毛が増加します。周囲の指摘で髪の毛が薄くなっている事に気付いた時は既に悲惨な状態なんてことはよくあるようです。

『女性はハゲないよ。ハゲるのは男性だけ』なんて事はもう昔のこと。食生活や生活習慣、女性の社会進出など世間の状況は大きく変わっています。知らぬ間に女性も髪の成長に負担をかける環境に身を置く事態に陥っていたのですね。

このような状況を証明するかのように女性育毛剤を購入する人が急増しているようです。ドラッグストアの調べによると、ここ2〜3年で販売数が50%以上増加しているんだとか。

男性育毛剤の市場は既に定着しており成熟期に入っていると言え、販売数もここ数年横ばい状態なのに対し、女性は比較にならない程、市場規模が拡大しています。

その性質上、ネット通販との相性が良く、数ある女性用育毛剤の中で急激に利用者を伸ばしたのが『マイナチュレ』です。某レビューサイトでも長期に渡り高い評価を得ており、育毛剤のみに留まらず、錠剤タイプのサプリメントやスカルプケアを意識したシャンプーなど製品化しトータルケアできる点で好まれたようです。

薄毛に悩む女性が急増したかのように思えますが、業界では既に悩みを抱えている方は存在しており、これまで見合った商品が無かった事で表面化しなかったという見方もあるようです。

女性の薄毛はホルモンバランスの乱れが起因している場合が多いという事もあり、その点をケアできれば薄毛は解消されると言われ、男性よりも髪が蘇る可能性が高いと言われています。安心して利用できる女性用育毛剤の存在は女性を悩みから開放し、女性の精神的なストレスの解消に大きな影響を及ぼしました。

もうひとつデータがあります。男性は年齢を重ねるごとに頭髪への意識が薄れ、それに伴い育毛剤の販売数が低下する傾向にあります。一方、女性は、年齢を重ねても育毛剤を使い続ける傾向にあります。

年齢と老いを受け入れる男性の性質と女性のいつまでもキレイでありたいというはっきりとした性質の違いがあります。

こういった背景が大きく影響し、女性用育毛剤がいま売れに売れている理由だと考えられます。

当サイトをソーシャルメディアで共有する事ができますよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加