分け目が目立つ女性急増!この時期の育毛のやり方

分け目が目立つ場合の対策

最近、薄毛の悩みを抱えている女性が激増しています。男性の薄毛のように前髪の生え際が後退したり、頭頂部が薄くなってきたりするケースとは異なり、髪全体が薄くなる「びまん性脱毛症(FAGA)」が女性薄毛の特徴です。

びまん性脱毛症の初期症状

女性はふとした日常生活で薄毛である事を実感します。

  • 髪の分け目が目立つ
  • 髪がぺったんこでスタイリングがきまらない
  • 髪が全体的に細くなると共にコシ・ハリ・ツヤが無くなる

男性の部分的な薄毛とは違い、全体的に進行する女性の薄毛は気付きにくく、症状が悪化してしまうケースも少なくありません。

原因のほとんどは「ホルモンバランスの乱れ」

男性ホルモン・女性ホルモンという言葉は聞いた事があると思います。簡単に言ってしまうと男性ホルモンは髪の成長にマイナスな要素、女性ホルモンは髪の成長にプラスです。

この2つのホルモンは男性にも女性にも分泌されており、分泌比率が異なります。女性は男性よりも女性ホルモンの分泌量が多く、女性は男性よりもハゲにくい体質と言われています。

女性の薄毛は、髪の成長にプラスである女性ホルモンの分泌が減少が引き金となっているのです。

どのようにしてホルモンバランスが崩れるのか

女性の薄毛の原因であるホルモンバランスの乱れはどのように起こるのか、またそれに加えそのほかの原因も合わせて見て行きましょう。

  • 老化
    加齢と共に女性ホルモンが減少する
  • 出産
    妊娠中は女性ホルモンが増え、出産後は平常時に戻りますので、このギャップで抜け毛が増加します。(分娩後脱毛症)
  • ストレス
    ストレスを貯めると自律神経への影響があり、血管収縮が原因で血量が不足します。髪の発育に必要な栄養素が充分に運ばれなくなります。
  • ダイエット・食生活の乱れ
    動物性脂肪の増加は血管や血液に影響を及ぼし血行不良の原因となります。過激なダイエットは言うまでもなく髪の栄養不足に繋がります。
  • ヘアケア
    ヘアカラー・パーマ・ドライヤーの使いすぎなど頭皮環境は悪化します。シャンプーのやり過ぎも頭皮に必要な皮脂までも洗い流してしまい逆効果です。

女性の薄毛は治るのか

結論から言いますと女性の薄毛は完治する可能性が非常に高いです。男性の脱毛症は男性ホルモンが影響しており、そもそもハゲやすい体質である事はこれまで説明した通りです。

女性の薄毛の原因からも上手に育毛対策を講じれば、治る可能性が高いという事が理解できると思います。

薄毛を改善する為に注意するべき点

  • 良好な頭皮環境を保つ
  • 血行促進
  • 栄養補給
  • 女性ホルモンの乱れを改善

上記の点について意識を強く持てばある程度は薄毛を改善する方向に導く事ができます。女性用育毛剤を利用すれば、すべての点についてカバーしているものがほとんどですので、より早く改善する可能性が高まります。

女性の薄毛に効果的な育毛剤

一番大事なこと「諦めず気長に続けること」

当然のことながら、短期間での劇的な改善は見込めません。最低でも3ヶ月から半年間は育毛対策を講じる必要があります。髪の生えるスピードを考えれば、わかりますよね。毛髪サイクルが一巡しないと効果がわからないからです。

中途半端に途中断念する事が一番無駄になります。劇的な効果が得られなくても髪の成長にマイナスな事ではありませんので必ず何らかの形でプラスに転じると思いますので諦めず続けてください。

当サイトをソーシャルメディアで共有する事ができますよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加